FC2ブログ
2016年3月ペナンより帰国!同6月、三島市自宅洋裁教室再開!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
針山*シンガー rumina3320
本縫いミシン紹介、最後となる4台目は、

こちら、rumina3320です。


私が購入した3台目のミシンでした。

1台目は学生の時に買った職業用ミシン。
2代目は劇団四季にいた頃にジグザグ専用機として購入したジャノメの電子ミシン。
その2代目の仕上がりに納得できなくなってきて購入したのが

このシンプルで美しい(と私は思う)シンガーのコンピューターミシンです。


なので案外、付き合いは長いです。(2台目のジャノメ電子ミシンはお役御免で実家に引き取ってもらいました。)
当時私が必要としていたのは実用縫いだけで、ジグザグと気軽にできるボタンホールだけできればOKでした。

その点、この子はジグザグのステッチ幅も長さも細かく設定出来ましたし、
電子ミシンに比べたら、ボタンホールの仕上がりもキレイなものでした。


結婚するまでは職業用とこの子とあとロックミシンの3台使いでやってました。

コチラがそのロックミシン。
ロックミシンはやっぱりベビーロックが一番です。

そう基本3台もあれば充分だったのだけど、

結婚して子供ができて、文字刺繍とかしたくなって先日紹介したJUKIを買った・・・

あたりからなんだかコレクターみたいになっちゃった。

仕事を辞めて、遠い地に嫁いで(最初は愛媛)、それが一つのストレス発散だったのかな?

さらにその後6台ミシンを買っている。
しかもそのうち3台は引っ越すタイミングとかで友人にあげちゃってるww

これは2台目のロックミシン。古い型ですが名機です。デザインもイイ!!!

話が逸れました。

そんな感じでミシン1台1台思い入れは色々です。

このミシンも海を渡って日本に帰ってきて、全く使ってあげていなかったので教室のオープン前に試運転です。

端切れで小さなポーチを作りました。
8号帆布でしたが問題なく縫えました。

ただ、ファスナー押えにしてファスナーを縫い付けるのはちょっとやり難かったです。
厚物を縫うには押え圧が変えられるタイプがいいです。
そして、ファスナー押えにして細いとこ縫うのは不安定になるし。
この辺のスペックのミシンの限界ですね~。

そして教室の生徒さん用に針山を製作致しました。
お花型の針山です。

小さなお子様連れOKの教室としているので、針の管理は徹底させてもらいます。

花びらの1枚1枚に待ち針を刺していくと、10本のマチ針が刺せます。

落としてもすぐわかるようにマチ針には鈴がついています。
取り忘れ防止にもなるし、これだと失くしてもすぐ見つかるのでとてもいいのです。
ゴムをつけたので腕にはめてミシンもできます。
底にはプラ板が入っているので、腕にうっかり刺さることありません。

左手前の小さな丸っこいのがお役御免になった従来品。
今までありがとう。

先にFBに針山のUPをしたらmamanのメンバーにものすごく好評でした。
作り方は至って簡単なので、今度余力があれば紹介させていただきます。


にほんブログ村

↓minneの私の販売ページはコチラからご覧いただけます。
minne my page

スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

mika

Author:mika
2011年8月より主人の赴任に伴いマレーシア、ペナン島に駐在2016年3月本帰国し静岡県三島市に在住。長男8歳。次男4歳。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。