2016年3月ペナンより帰国!同6月、三島市自宅洋裁教室再開!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Stop Breastfeeding *次男の成長
続きまして、次男の成長記録を。

もう一ヶ月程も前になることですが…

断乳に成功しました!!

彼が2歳になって、6日経った日のこと、
11/3桜チャリティーの終わった、
その日の晩に、突如決心してくれたのです。

桜チャリティーの会場では、
「パイチー! パイチー!! ママ パイチー!!!」(訳:パイパイ欲しい)
と叫んでいたのにです!

「2歳になったら、パイやめてね。」

と幾度となく、言い聞かせてはいたものの、
まだ言葉のままならない彼の意思を確認する術はなかった訳ですが、

その日の晩、
「ママ、パイ痛いわ~。吸われ過ぎで、擦り切れて、血が出でる。」と言うと。
「ママ、チ(血)?パイ チ?」(パイチーではなくパイチ)
と言って、吸い付いていたパイから離れ、服を直してパイをしまった…
それが彼が決意した瞬間だった。

その日の晩の禁断症状は凄まじかった。

足をバタバタさせて、キングサイズベッドを二つを繋げた上をゴロゴロ転げ回る。

「ママ おいで! ママ おいでー!!」
と叫ぶので、抱きしめると、叩いたり蹴ったり…

パイを出してみて、触って、またしまって、出してを繰り返し…

最終的には、両方のビーチクを両手で摘みながら寝た…

飛んだ痴女プレイだ…

それが、第一ラウンドで、

第二、第三、第四と獲りたてマグロのように暴れる次男との接戦を繰り広げ、
朝を迎えた。

それでも、日中は暴れることもなく、

夜だけ、その戦いは続いた。
日を追う毎に、ラウンド数も対戦時間も減ってきた。

一ヶ月程経った今は、早朝に一度起きるだけになった。


彼はパイをやめるまで毎晩、毎晩、眠りに落ちるまで、一時間でも吸っていた。
夜中も2・3回は起きて吸っていたし。
その授乳が無くなっただけで、
私の負担は相当軽減された。


なのだけど、寝かしつけは相変わらず1時間以上かかる。
ベッドで眠くなるまでは動き回っているので相手をしなくてはならない。
眠くなってくると、しばらく愚図ってから眠る。


日中の授乳も含め、
授乳中はブログ更新に時間をあてたりもしていたので、
必然と、ブログの更新が滞ることになりました(苦笑)


とまだまだ、
安定はしてませんが、ひとつ成長しました。

体調は、以前に比べたら強くなったみたい。

二週間程前に私の風邪をうつしてしまい。
嘔吐しまくり、高熱を出した。

レーズンが大好きで五箱もこの日食べてたので、
ゲボは殆どレーズンだった。
トラウマになったのか以来、レーズンを食べない。


このまま行ったら、また毎日通院、下手したら入院コースか?

ぬいぐるみを周りに置いて、心の安定を謀る。二歳児。

と案じたが、病院にも行かずに2日程で回復した。


肌の調子は、良くなっり悪くなったり、
悪い時は夜中度々起きて掻き毟り、夜泣きする。

食欲は益々旺盛で、長男よりも常に食べる量が多い。
当然、身長体重ともに当時の長男よりも大きい。

その独特の臭いで、好き嫌いの
別れるドリアンも大好き。

食べるのを待ちきれない

フタを開けたら

食らいつき

種まで食べちゃう勢い。


しっかり3分の1は食べました。
長男は毛嫌いしてたドリアン、次男の食べっぷりを見て、いまは好きになりました。
それでも、一房食べたら満足。
次男は3~4房食べても足りない様子で…

もっと食べたい~
と泣く…。


この後、長男に
「ドリアンくさーーー!!」
と言われてた次男。

ついこの間までミルクの匂いだったのにね。

ちょびっと寂しい気持ちにもなる母でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

mika

Author:mika
2011年8月より主人の赴任に伴いマレーシア、ペナン島に駐在2016年3月本帰国し静岡県三島市に在住。長男8歳。次男4歳。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。