2016年3月ペナンより帰国!同6月、三島市自宅洋裁教室再開!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イベント終了*次男の素行
昨日のキラメッセでのイベント無事終了しました。

土曜参観の代休で休みだった、次男同伴で行って参りました。

彼はマイペースに楽しんでいて、
コンテストの投票もしてました。
彼は着物とかウェディングドレスとかゴージャス系が好きと判明しました。

さらに、友達も作ってました。
売り場のベンチでお絵かきして遊んでいたところ、
通りかかった、お客さんのお子さんが「ぼくもやりたーい」って言って通り過ぎていったのをみて、
追いかけて行って「いっしょにやるか?」って誘ってたwww

それからは実に楽しそうに遊んでいて、
帰る時にはお友達に
「もっとここに居たい。○○くん(次男の名前)明日もココであそぼうね!!」と言わしめてした。

普段、幼稚園で一緒の道行く子供達にも
「おおーーーい!僕の友達ーー!!」って呼びかける。
"Hey! My Friends!"みたいな感じ?
彼は日本語喋る同世代の子供ってだけで、皆自分の友人だと本気で思っている。
その辺の感覚は見ていて羨ましくもある。

長男なんて「1週間に1人くらい友達できてると思う。」とか言ってるくらいだから、
弟が羨ましいって常々言ってる。

そんな自由奔放な次男の普段の素行がみれたのは面白かったな。

で、イベントの方。

美容コンテストの会場ということで、ある程度予想はしていたことだけど、
来場者が少なくて残念だったなぁ~~
みなさんの素敵な作品たくさん並んでいたのになぁ?

イベントの内容に対する場違い感は否めない感じでしたな。
だって若い学生さん達、コンテストが主体で、買い物に興味なんてナッシングでしたもん。

まぁ、そんな感じだったんで、イベント的にはアレでアウェイで、う~~~んな感じでしたが、
仲間と乗り合わせで行ったりで、それはそれで楽しかったです。



にほんブログ村

↓minneの私の販売ページはコチラからご覧いただけます。
minne my page
スポンサーサイト
学校からの呼び出し
ちょっと空くとダメですね。
更新がついつい後回しとなってしまいます。

先週から今週にかけて色々とありました。

金曜日の昼過ぎ、長男の学校から呼び出し。
図工の授業中に小刀で指を切って血が止まらないって
でも、まぁ、切ったら血がいっぱい出るのは当然だし、私も過去にザッパリ切ったことはあるし、
正直そんな心配してなくて、
お昼ご飯食べようとしていたとこだったから、

「では1時くらいに迎えにいきます。」
と言ったら
「すぐに来てください!」って。

で、慌ててお昼はかっこんで学校の保健室に。
長男メソメソメソメソ泣いていました。

おさえていたガーゼをはがして、傷口を見ると、
左手人差し指の先っちょが斜めに寸断寸前になってた。

「あぁ これは縫うの厳しいかもね。(パーツが小さ過ぎて)でもまぁ くっつくから大丈夫だよ。」
と冷静に返す。(だって動揺はよくないし)
先生に「そっちの人ですか?」とか勘違いされて
「いえ!私もよく怪我してたんで、わかるんですよ~。」なんて返す。

そして診療時間外でも診てもらえる病院を先生が探してくれて、
断られまくって約1時間後、ようやく受け入れ先がみつかって車を飛ばして

ちょっと遠い山の上の病院へ。

きっちり消毒して、医療用の強力テープで傷を止めて、さらに半透明な防水テープを上からグルグル巻いてくださいました。

診察後は笑顔に。

そして、4日後の今日テープをとって見たところ、
うまくくっついてくれたようです。

一安心。
でも正直疲れました。


にほんブログ村

↓minneの私の販売ページはコチラからご覧いただけます。
minne my page
美術教室へ
お友達の紹介で、子供向けアートクラスの体験に行ってきました。

長男にこちらでも何か習い事をさせたいと思っていたところでしたが、
彼は勉強系にしてもスポーツ系にしても競争的要素、比べられるような要素があるものはホントにダメでして。
絵に関しては唯一、自信の持てる分野だったので、こんな教室を教えてくれた友人に感謝です。

教室は街中でも蓮沼川のすぐ脇で、自然が溢れ、広い庭のあるとっても素敵な環境にありました。
以前から、美術予備校があるのは知っていましたが子供向けの教室があったのは知りませんでした。

年中さんから習えるとのことで、次男も挑戦。

「モンキーと魚と鳥」
この岡本太郎氏を彷彿とさせる勢いのあるこの原画を元に、他にも色々。

プラ板 アクセサリーを製作しました。
ノリノリでガンガンに製作していたとのこと。

一方長男は、
慎重に緻密に時間をかけて製作していたようです。

カワセミのブローチと
富士山のリング

納得のいく仕上がりだったようで、宝物入れにしまっていました。

これから楽しい体験がいっぱいできるといいね。
でも、次男はどうしようかな・・・。
受講料との兼ね合いが・・ね。

アステール総合美術研究所→コチラ
次男語録
最近日差しがとても強いです。
飛蚊症のこともあるのでサングラスがマストアイテムとなっております。

昨日の空


昨日の1人飯(ドライ雲呑麺)

そんな常夏ペナンですが、もう12月なので、
重い腰を上げて、やっとこさツリーを飾りました。

子供達は大喜びでこの姿を見ると、もっと早くに出してあげたらよかったかなぁ?と思ったり。

クリスマスに因んで、次男がこの間、4歳児とは思えない発言をしました。

「せかいにはこどもがたくさんいるんだよ!サンタさん ちょう たいへん じゃない?」
「サンタさんは パパとママなんじゃない?」

夫婦で一瞬固まった。

長男が「サンタさんはいっぱいいるんだよ。」

と答えてくれて、事なきを得た。
長男にマレーシアのサンタは中国人かマレー人かインド人とかだから、
日本のサンタにリクエストをするには1か月前じゃないとダメとか刷り込んでいたので。

次男はたまにアホなのか賢いのかわからない発言をすることがある。
色々とこまっしゃくれたことを言う割に、いまだ10まで数えることも怪しい。

「イチ!サン!ゴ!」
とか言う。

長男がリズミカルに九九の暗唱してるのを聞いて、

「ニンニ が にいに!
にいに が パパ!
パパ が ママ!」

とか言ってたり・・・。

昨日の発言が・・・

年長さんの女の子にチューしようとしたり、お尻をモミモミしたりしてたので(!!)
咎めると・・・

「だって、おんなのこ かわいいもん!」
とか言う。

パジャマに甚平を着せてあげたら、
右手を襟元から差し込んで、
「ここからオッパイさわれるんだよ!」

って!!!
時代劇かよ!!
ちょっと将来心配だよ!

そしてこんなことも・・・。

「はやく にほんに かえりたい
だって ゆき ふらないもん。」


ビックリ!
マレーシア生まれで冬を知らない彼ですが、お友達から得た情報からか
そんな風に思ったりもするんだね。

(長男の友達のパパのブログタイトルを断りなく真似ました。テヘペロ。)
プロフィール

mika

Author:mika
2011年8月より主人の赴任に伴いマレーシア、ペナン島に駐在2016年3月本帰国し静岡県三島市に在住。長男8歳。次男4歳。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。