2016年3月ペナンより帰国!同6月、三島市自宅洋裁教室再開!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小林誠先生の講演会
長男の通う、ペナン日本人学校に
ノーベル物理学賞受賞者

小林誠先生

講演に来てくださいました!


ホントにこれは棚ボタだったんですよ?みなさん??
USMでの講演会のついでに寄ってくれたんですよ!
こんなVIPな大先生がこんなヘンピなところにある学校に来てくれたなんて

奇跡です!!

日本でだってそうあるチャンスではありません。
普段は大学での講演会なんかがメインでしょう!
それが小学生でもわかるレベルでお話をしてくださるんなんて!
私レベルでも理解できるかも!!って
喜び勇んで行ってまいりました!

・・・・・・・・。

が・・・・・。

あれ?

すみません。

やっぱ無理がありましたよね・・。
偉大すぎる先生が小学生のレベルに落としてお話しをするなんて・・。

以前、主人が長男に月の満ち欠けはどうして起こるのかって説明してたの聞いてて同じようなことを思った覚えがあった。
長男はサッパリ理解できてなかったようだった。

私はスマホのライトとボールを使って説明した。
長男が地球で、その周りを回るボールが月で、
更にその周りをスマホ持って照らしながら回ってる私が太陽。
実際にボールの影が変化していくのを目にして、
長男はすぐ理解できましたよ!!←オススメ


お話しの内容は、素粒子とは~な内容は実際少なかったと思うのですが、
話の内容的には小学生には無理があったのかもしれません。(中学生はオッケーかな?)

私自身、途中意識が遠のいたり・・・
(本当すみません💦)

それでも、各学級の先生方が細かくメモをとってくださっていて、
帰りのHRで説明を分かり易く教えてくれたそうで、長男にも理解できたとのことでした。

ちょこっとだけお話しの内容を紹介させていただきます。
むっちゃシンプルに!

⭐️勉強にしても理科にしても対して得意ではなかったが、
中学?高校の時に出会った、アインシュタインの本がすごく面白くてドンドンその世界に惹き込まれていったってエピソード。


出会いが大切!!!
今は不得意と思われる分野でも、ふとしたきっかけで得意分野に繋がってくかも!

⭐️先生が発見したなんだか(クォーク)は、何かに実用化され世界で役に立っているっていう段階ではまだないみたい・・。
でも、アインシュタインの相対性理論とか当時は実用できなかったものが、現代の様々な技術に生かされていて、
その理論の上に成り立っているんだよ~ってこと。
発見が未来に繋がるとても尊いものだってこと。


つまりは
掛け算は今後の算数にむちゃくちゃ役にたちますよ~~
ってことだよね?
あれ飛躍し過ぎか?
こう言ってもらえたらよかったなって二年生の親の目線で ですね ^_^;
因みにウチの長男は掛け算頑張ってますよ!


⭐️あと、どうやって(クォークが6つある)発見に繋がったのかって話・・・
ものすんごくシンプルにいうと・・・・
こいつが存在しないとあいつは存在し得ない、
だからこいつはいる筈だってとこから発見につながったって感じのお話しだったかと思います。


私的にすごくシックリくる例えを思いつきました!!

色の三原色って赤と青と黄色でしょ?
ここで黄色が発見されてなかったとする、
そしたらオレンジも緑も生まれないんだよね。

だから、
知識を深めていかなきゃ、
新たな発見にも繋がらないってことかな?


当たり前っていえば当たり前のことなんだけども、大事なことだよね~~~。

大事なのはまずは興味ってことですね!
どこかに転がっているその種に出会えることを願います!

息子達に・・・・

そして自分にもね!

うん。
珍しく、真面目なこと書いたよ。難しいことは全く抜きですけどもね。

最後、全校生徒と記念写真!


なんと!うちの長男 小林誠さんの右後ろに!

でも、先生方が居て 写真に上手く写せない~!

小林誠さんが席を立って、やっとこ息子が見えた…

学校の方の写真販売に期待します!

良い記念になったね!

一生の思い出にします!

ありがとうございました!!!
スポンサーサイト
授業参観
長男の授業参観でした。

が…数日前から次男が咳をしていて、

昨日は今日の為に幼稚園早退させて、ゆっくりさせたのだけど、

今朝熱出しちゃって、幼稚園休ませました。



コンパクトにまとまる、まだまだ可愛い兄弟。




5・6時間目が授業参観で、

次男をベビーカーに乗せて、どうにか6時間目だけ見に行きました。


まだお熱だし、少しは大人しくしててくれるんじゃないかと思って行ったのですが、

もう、

やっぱり全然じっとなんてしてくれなくて、


同じ幼稚園のお友達を見つけ、中庭の園庭でずっと遊んでました。

長男のペスタの感想が、


思ってた以上にネガティヴでした。

そんな悪くなかったけどねー??
うん、次 頑張れ!!
授業の終わりに学級懇談会があったので、
その間、次男の希望もあり、長男に次男を託しましたが失敗したり…。

なんだか疲れ果ててしまったので、

帰りはパラゴンの五階に入ってる、フードコートでいつものメニューをオーダー。


食べかけでスンマセンが、

アラブ系のお店の"チキンラップ"に長男お気に入りの"チェンドル"です。


フードにドリンクと買っては持ってくる母(私)に対して、

「遅い!」

とか生意気なこと言うので、自分で注文しろって行かせました。


ら…

零さないか心配した店員が、わざわざ運んでくれました。

ご丁寧にありがとうございます。

幼稚園では手足口病が、流行りつつあるので、ちょっとモヤモヤですが、

次男は咳からだから、違う筈!!

早く良くナレーー。
ペスタブンガラヤ
10月4日に、

今年もペナン日本人学校で、演劇祭 "ペスタブンガラヤ"が開催されました。

今年も、衣裳製作を取り仕切らせてもらいました。

が、昨年と違って今年は指定された物を提供された材料で作るだけだったので、(ちょっとだけ材料も提供させてもらいました。)

去年に比べてだいぶ楽でした。

製作したものも比較的簡単な物が多かったので、

去年はほぼ全員に協力を仰ぎましたが、

今年は協力できる方のみ参加してもらい、

学校で一回、我が家に一回集まって頂いて製作しました。


こんだけ!

まぁそれでも長男の学年はペナン日本人学校の中では一番児童数(28名)が多くなってしまったので、

数はそれなりかしら?ね?

被り物などの小道具は子供達が先生と頑張って製作していたようです。

ペスタ当日

長男はお侍さんの役でした。


袴は去年、別の役の子用として私が製作した物が使えました。(少しだけアレンジしたけど)


キチンと見せ場もありました!


じつは、ほんの少しセリフとちりがあってそれをとても気にしていましたが、

周りは気がつかないレベルでした。

今年も前年同様、とても楽しみしていたようです。

日本の学校ではナカナカない取り組みでしょうし、いい思い出です!

流石に来年は日本かな??

お疲れ様でしたっっ!!
ペスタブンガラヤ
昨日の日曜日はペナン日本人学校の秋のメインイベント、ペスタブンガラヤ(学芸会のようなもの)でした!

長男はセリフも一番多い、主役の後半を演じました。

彼は幼稚園の年少、年中の頃はイベントというと泣き出したり不機嫌になったりしていました。
とても繊細な一面を持っているので、それはそれは私も緊張して行きました。

が…


正直、ビックリしました。


目がオドオド キョロキョロしちゃったり
もしくは、ニヤニヤしちゃったり
声が小さかったり
しちゃうかな?
とか思ってた。

ゴメン母さん侮ってた!

とーーーっても
凛々しく
キリッと
堂々と
セリフを間違えることも全くなく
演じ切ってました!


ホントに息子の成長ぶりに父も母も感心したよ。
弟も感心したようだったよ。

ただ…

ただ…ね…

烏帽子が…

前後逆だったのよ!!。・゜・(ノД`)・゜・。
主役2人ともーー!


暗転してる時にもう気が付いて、
最前列の桟敷席にいたし、ダッシュで直しに行こうかと、マジ考えた。

でもね、踏みとどまった。

コレ客観視したら、ただのバカ親ですもんね。
いくら暗転中とは言え、真っ暗じゃないからモロバレですもんね。

イヤ、本番ついてた元衣裳係りとしてはですよ、
至極当然の行動なんですけどね。
誰もそうは思ってくれまいと冷静に判断しました。
多分、二秒くらい葛藤した末。

で、いよいよ幕が開くと次男が割合大きな声で
「おに やっつける! ○ちゃん おにとたたかうよ!」
と勇ましく言ってました。
その声は舞台袖にいた長男達にも聞こえていたそうです。

でも、その後
「おに…こわい」
とも呟いてました。

(可愛らしい 鬼達でしたのに)


更に言うと、上着の着崩れが(泣)

いや、もうホント可愛い我が子の勇姿をね。
しかと眼に焼き付けたい次第だったっていうのにね、
衣裳さんの性っていうの?
着崩れてんのが気になって気になって(>_<)

因みに、着崩れ起こしてたのは我が子以外にも複数人いて、気になっちゃったけど、流石に皆まで言うとヒンシュクなんでやめておきます。

なんか我が子の晴れ舞台だっていうのに、そんなことでモヤモヤしちゃって、
芝居を観るのに集中できなかった自分が
もうなんか…自己嫌悪にコッソリ陥ってました。




前半の主役と、その奥さん

町の人

しかも、もう一つ…
持っていったデジカメがバッテリー少なくて

途中で切れた

周りでは、一眼レフにビデオカメラを両親で分担して撮影に臨んでたりすんのに…

毎度のスマホでゴメンなさい。

学校から購入できるDVDに期待します。

どなたかイイカンジのあったら、データでいいんで下さい…ませんか?


とにかく、
お疲れ様!

とにかく、感動した!!

最後、主役2人で挨拶も声を揃えて立派にしてました。


最後に先生方、
子供達の為に台本作りから大道具小道具製作まで、
本当に大変だったと思います。

息子にとって、
忘れられない、一生の良い経験をさせて頂きました。
この経験が彼の中の一つの自信へとなり、今後の成長に繋がっていけば良いなと思っております。


こんなケチつけるつもりないのだけど、ホントゴメンなさい。
でも、ホント感動したわーだけの記事にしちゃうと、それは私に取ってはウソになっちゃうかなと( ;´Д`)
ペスタブンガラヤの準備
9月の第一週から第二週かけて無茶苦茶ハードだった。ペナンに来て三年になるが、一番働いた。

ペスタブンガラヤの準備で!

ペスタブンガラヤとはこちらペナン日本人学校で9月末にあるステージ発表会みたいなもの。

長男の学年は「地獄のそうべえ」を上演することになった。

衣裳お願いしますと先生から正式オファーがきたのが9/2で新学期初日。
役決めがあったのが9/3。
キャスト発表があったのが9/4。
始動したのがこの日の夜で、その日のウチにスタイル画を完成させて、作業の割り出しまでした。

その翌日9/5には、マーケットリサーチで4軒程お店を回り、帰宅後は購入するものを試算、選定。

9/6午前中に先生同伴で買い出し。
帰宅後は買ってきたものをアイテムごとに分別。作業マニュアルの作成。

9/7引き続き、作業マニュアルの作成。そして洋服や小物のパターンを引いた。


9/8にお母さん方に集まって頂き、作業指示を含む説明会をした。



本番まで三週間しかなく、自分の作業指示が遅れたら、他のお母さんの負担も増えるとも思って…この四日間は睡眠もそこそこ( ;´Д`)

それでも、久しぶりの懐かしい一連の作業はやっぱり楽しく高揚した!



当初は昨年あった幼稚園の卒園記念品製作の時みたいに、三回くらいウチにお母さん方に集まってもらったらいいかなーと思ってたのだけど、

作業は自宅でも出来る様にと完全分業化にした。

というのが、全員が来れる日を作業日として設定するのが難しいだろうし、
予定を潰さないで自宅で空き時間にできる様にした方がいいのかなと思い直した。その方が公平かなとも。

代わりに、自宅を作業場として4日程設定して提供することにした。
作業に不安がある人、自信がない人はウチに来ればいいし、私がやればいい話だからと思って。

モチベーションを上げてもらう為にも基本的には我が子の衣裳の担当してもらった。

すんごい意外なことに長男が「そうべえ」です。


幸い、ナニア出身のママ達がどういうのが得意なのかは既に把握してたし、
他のお母さん方に関してもFBを通して得意分野の把握も出来た人もいたので、
得意分野のわかるお母さんにはプラスでお願いした。

私は今回、袴を初めて作った!
すぐ着脱ができる様に舞台仕様にした、完全オリジナル!


私的には最良やり方だと思った!

んだけど~~

イキナリ、作業を振られたお母さんの方では少なからず動揺があったらしい(~_~;)

どの方から不安の声が上がっていたのかは定かではなかった。
なので、作業の進行の様子の確認の連絡をほぼ全員にしたり。
作業が終わってない人には私が代わりにやるとも伝えた。

ウチに作業に来た10人は、
作業終了するか、作業の終わりが見えるとこまではいけた。
4日程設定していた作業日は、結局は一日のみですんでしまった。

なので、私としては大変だったのは最初の一週間だけだった。

終わってみて、不安の声が上がらないようにするには、やはり作業日を設定して来てもらう、完全自主制にした方が良かったのかなと思う。

予定がある人、作業に気が向かない人は来なければ、いいわけだし。

今年の経験を生かして来年は(いたら)取り組めたらいいなと思う次第です。

本番まで一週間!
楽しみです!!
プロフィール

mika

Author:mika
2011年8月より主人の赴任に伴いマレーシア、ペナン島に駐在2016年3月本帰国し静岡県三島市に在住。長男8歳。次男4歳。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。