2016年3月ペナンより帰国!同6月、三島市自宅洋裁教室再開!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
産後施設の医療*O`hana Resorts
退院してもう随分と時間が経ってしまったけど、
途中になっていた、産後施設の医療面について書きます。

入院したその日のことです。
到着すると、看護師さんが玄関で出迎えてくれ、
次男はナーサリーに連れられて、
私は自室に通されました。

看護師さんは常時2人くらいいて3交代制のようです。
看護師さんにも一応上下があって、チーフ・サブ・・そのさらに下に2階級くらいあるようです。
チーフの看護師さんは日勤で(8時~5時)
サブの看護師さんは夜勤(11時~8時)となってたみたい。
ここも10人くらいいるナースの内、殆どがインド人で2人がチャイニーズでした。

↑ナーサリースペース

部屋にいると、早速チーフの看護師が来てくれて…
「おっぱいガチガチじゃない!搾乳しなきゃダメよ!!」と指摘された(-。-;
そろそろしなきゃなぁとは思ってたんだけど、
長男の時も3日目くらいから搾乳してたんだよね。
で、その後おっぱいのマッサージの仕方を教わる。

これが日本とは真逆のやり方で、日本の場合、熱を持ってガチガチのおっぱいをとにかく冷やすよう言われるのだけど、
こちらは母乳瓶なんかに熱湯を入れて、それを固くなったおっぱいの上で転がすようにしてマッサージするよう言われた。
(私の感覚としては、冷やすのは痛みを軽減するのに効果があり、温めるのは流れを良くし、おっぱいを柔らかくするのに効果があったのかも。素人の意見ですが。)

その日の夜ひどいことになった。
搾乳が足りてなかったのか、ガチガチになりすぎて、搾乳してもちょっとしか出てこなくなっちゃった。
熱も持っちゃって…長男の時もこんなになったけど更に酷い。
もう夜中の12時だった。呼び出しボタンでナースさんに来てもらって(ボタンが部屋の入口にあっていつでも来てくれる)
マッサージ用のお湯入り瓶を用意してもらった。
その後またナースさんが様子を看にきてくれて、
あまり改善されてないのをみて、マッサージしてくれると。
ここでも日本とはやり方が違って、
痛いの我慢しながら手で絞り出してもらうやり方ではなく(←長男の時はそうだった)
お湯で絞ったタオルをあて、その上からマッサージしてくれた。全然痛くなかった。
ナースさんはイヤな顔一つしないで、一時間近くそれをしてくれた。
スゴく濃い母乳が少しづつ出て、おっぱいも少し柔らかくなって、
搾乳機で再度搾乳してみると、マッサージによって詰まりが解消されたみたいで、すんなり搾乳できた。

翌朝、ことの経緯を聞いた日勤のチーフのナースさんがチェックに来てくれた。
そして、マメに搾乳するよう指導された。それから顔を見る度に搾乳したか聞かれてた(^_^;)
この日から母乳はスムーズにあっという間に大量に搾乳できるようになった。

これが一番印象深く、有難かったエピソード。
これでわかる通り、皆さんとても親戚に面倒みてくださいました(^∇^)

夜の授乳は希望すれば、搾乳した母乳を与えてくれるので、ガッツリ朝まで眠ることもできます。
でも、授乳が唯一の我が子とのコミュニケーションだったし、私の場合飲んでもらった上に搾乳をしないと痛みでどの道起きてしまうので、お願いしなかった。
でも何度か、マッサージや買い物に出掛ける際に搾乳した母乳でのお世話をお願いした。
すごく助かったなぁ。

と母乳に関することばかり書いてしまいましたが、他にも色々と対処してくれます。
本当楽させて頂いて、助かりました。
スポンサーサイト
2011年11月11日*本当の出産予定日
一昨日の水曜日に産後施設から退院して、自宅に帰ってきました。

が…ここ数日ネットがトラブっててUPもする気にならなくて(。-_-。)
ようやく今日復旧したみたい。

自宅はやっぱり快適だし、アマさんの作る料理はやっぱり美味しいし、やっぱり家はいいです♪(´ε` )

退院のその日の夜に、実母もヘルプに駆けつけてくれました。
KLでの乗り換えが心配だったので、この日の為に海外でも使える携帯に機種変して臨んでたのだけど、
親切なナイスガイのお陰で難なくこなせたみたいです。
というか、家でチェックしたところ、私のメアドも間違ってたし、発信方法も間違っていて、
私に連絡は取れなかったと思うので、そのナイスガイには本当感謝です。
まぁ親切な方っているもんだね。
私も一人で旅してた時、度々親切な人に助けてもらってました( ̄▽ ̄)

退院の日の午前中はベビーの診察に行ってきました。
一番ネックとなっていた、黄疸は目に見えて色が抜けてきたこともあり、
血液検査も無しでした。
次回の健診は1ヶ月後、B型肝炎の2回目の予防接種も一緒に打ってもらう予定です。

そして今日はGovernment hospitalから看護師さんが、来てくれた。
病院 を退院してからというものほぼ毎日O'hanaの方にも来てくれてた。
もう来ないものかと思ってたら、昨日電話があり、今日は自宅に来てくれた。
母親(私)の経過も順調だし、ベビーの黄疸もOKだし、もう来ないとのことです。

右奥が政府の看護師さん。
公務員はマレー人限定ってのは(警察官とか)ここでもそのようで、皆さんモスリム頭巾してます。
因みに英語も皆さん片言でした。

吊り下げるタイプの計りで、体重を計測したところ、3200gになってました。
一度2740gから2600gまで落ちたので、ここ10日間で600gも増加したことになる。
すごいスピードで増加してます。

本当は今日が計算上の、出産予定日だったから、予定日に産んでたらそれくらいの体重になってたのかな~?

↓参加してみましたワンクリックもらえると嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
産後施設の部屋*O`hana Resort
部屋は滞在中一度替えてもらった。
出産が早まった為、入る予定だった部屋が空いてなかったから。

結論を言っちゃうと、どちらの部屋もどこかしら難あり。
いいホテルみたいな完璧は求められません。
全部屋共通でTVがない。1Fの共有スペースに1台あるけど、NHKが映らない。
シーツの交換は毎日ではない。多分週に1回かな?

最初に入った2Fの部屋
carnation

全体を撮ってなかった。名前からか壁はピンク!             ココでもやっぱりグルグル巻き↑

以下難点
部屋にデスクとかテーブルとかイスがない!(PC設置場所がない)
→廊下にあったの拝借した。(笑)
シャワースペース、あんまりキレイじゃない。
しかも残り2日間トイレのタンクから水漏れしてた。
エアコンの設置場所が悪く、ベッドにダイレクトに風があたる。


次に入った1Fの部屋
Birds of paradise

アリンコが来る。何か食べこぼしがあると、あっという間に集まってくる。
なんか落ちてなくても徘徊してる。
ウチによく出る小さいアリンコより大きく、動きが俊敏。まぁ1階だから仕方ないのかな~。
照明が暗い。夜の読書はきつい。
シャワーのお湯がぬるい。


↑バスルームは細長く一続き、右にシャワー左にトイレ。


とこんな感じで、どっちの部屋も一長一短な感じでした。
私的には短期滞在なら対して気にならないレベルだけど、神経質な人はダメかもしれません。

↓参加してみましたワンクリックもらえると嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
産後施設*O`hana Resort
産後施設もいよいよ明日で退院です。
当初は1週間だけで、その後は実母に手伝いに来てもらう予定だったけど、
お産が一週間予定よりも早かったのに合わせ、
フライトを前倒しで予約できたのは明日だったので、
最終的には9泊10日の滞在になりました。
病室とは違った、開放的な空間で、本当に利用して良かったです。

利用者の人種
滞在者は私以外全てチャイニーズでした。
そもそも産後にしっかり休むというのはチャイニーズの考えだし、経営者もチャイニーズだしね。
試しにペナン島内の他の産後施設も調べてみたけど、どこも経営者はチャイニーズだった。
入院費用も相当かかるから、利用者は割合裕福なチャイニーズとなるのもあるか・・・。

入院者数
5人~7人と変動した。私がいる間に2人退院して、4人入院してきた。
相部屋ではなく個室に入っているので、基本的に顔を合わせるのは、
食堂での食事時のみ。食堂にはダイニングテーブルが2つある。


使用言語
会話は必然的に中国語になっちゃうから、若干疎外感も感じたかな?
それでも初めの頃は英語で話しかけたりしてたけど、あんまり会話も進展しない感じで。
今は挨拶程度でさっさか食べて部屋に戻るパターンになってる。
こんな時、中国語も話せたらいいのになぁとか感じるけど、
こういう特殊な環境下になることはこれからそうないか??

滞在日数
大体1ヶ月くらい入る人が多いみたいだけど。
3日くらいしかいなかった人もいました。
私の感想としては1週間くらいが丁度よかったかも、
それ以上は色んな面において、飽きてきちゃったり、退屈だったりしちゃうなぁ。

食事
朝食8:30 昼食11:30 お茶2:30 夕飯5:30 夜食9:00で
朝起きてからの半日は3時間おきになんか食べてる感じです。
でも最後の夜食から朝食までが長くてねぇぇ。
ついつい部屋にお菓子持ち込んで夜中とかにパクパク食べちゃってました。
痩せる気あんのかよ!!って感じだけど、
長男の時はそんな生活してても
体重戻っていったんだよねぇ・・・。

朝食:ヌードル系が多かった(ビーフンみたいのとか、米麺とか色々)あとお粥とか

昼食:夕飯と大差ない感じで主菜1に副菜が1か2にスープとライス。

あと果物がりんごかパパイヤが付く。
お茶:おかず系の物だったり菓子パン1個だったり・・

夕飯:昼食と変わらない感じ

夜食:ちょっと日本人には馴染みのない(豆とかフルーツとかが入った)甘いスイーツ系のスープ
だったり、揚げパンとかチーズケーキ(!!)なんかが出た時も。


使用食材はやっぱり生姜を多用してるあたりは産後食って感じだけど、
病院の食事に比べて味付けは普通にしっかりしてるし、
時にはカレーで煮込んだ魚とか鶏肉なんか出たこともあったので、
飽きなかったな。でもそろそろ普段の食事が恋しくなってきた。

部屋には魔法瓶に入った生姜ジュースが常備されてる。
でっかい炊飯ジャーみたいので、でっかい生姜とかをぐつぐつ煮て作った物で、

生姜湯とは見かけも香りも全然違う。
これが初め飲んだ時は癖あるなぁーと思ったけど、慣れると癖になって。
1日魔法瓶1本じゃ足りなくて、おかわりしたことも。
おっぱいで大量に水分を取られてるので飲み物はスンゴイ飲む。
1日2リットル以上は軽く飲んでるなぁ。
食堂には何種類か自分で作れるように飲み物の元の粉末が瓶とかカンに入って用意してある。
ミロに杏仁ジュースに生姜ジュース3in1のコーヒー(ミルク砂糖入りのインスタントコーヒー)それにオートミール。
やっぱりミロが1番人気で減りが早い。


と産後施設の生活はこんな感じです。
部屋の感じとか医療面についてはまた別記事でUPします。

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
産後10日経過しました
退院して産後施設に入って1週間が経過しました。
産後施設には主人がパソコンを持ってきてくれたので、ブログの更新が楽になるはずが・・
すぐ入力できるしと思うと逆に腰が重くなっちゃった(´・_・`)
主人からも全然更新せーへんなぁと言われたので、久々に更新・・。

産後施設の生活
こちらでも病院同様、赤ちゃんの世話は授乳以外ぜーーーんぶ看護師さんがしてくれていたので
ずいぶんと楽させてもらっています。
たくさんの友人が見舞いにも来てくれたし、ホント有難いですm(_ _)m
差し入れてもらった雑誌とかDVDとか観て過ごしてます。
詳しくはまた後日別記事にしたいと思ってます。

次男の経過
まぁ順調・・。
退院してから、2度診察を受けた。
1度目は100g程体重が減少してたけど、二度目には300g増加していて、一安心。
ただ心配なのは黄疸の数値は上がってきている。
毎回足の踵から血を取るのも痛々しくてかわいそう。
長男も数値を測りはしなかったけど、同じくらい黄色かったと思うし、
色が抜けるのに2ヶ月近くかかった記憶があるんだけどな。
このペースで週に2回も血を取られるのはかわいそう(>_<)
治療法として朝と夕に目隠しして日光浴をするよう指示されましたが、
日本だったら日光浴は有害な物も多く浴びちゃうから推奨されないよなぁ?
大丈夫かなぁ?
↓ここでもやってくれてますが・・

早くピンクの肌のプクプクちゃんになってほしいなぁ


母の経過
私の方は至って順調に回復してます。
産後1週間に健診も受けて、糸は解けるタイプの物だったのだけど、解けるの待ってられなかったので
抜糸してもらいました。もう痛みは全然なくなった。
腰も産後直後しばらくはグラグラで痛みも酷かったけど、だいぶ軽くなったし。
腰痛もあるけどこれは長時間座っての授乳が原因な感じだし。

これからの課題はとにかく体型を戻すこと!!これに尽きる。
衝撃的だったのは産後1週間後の体重計測で4.5キロしか産前から減ってなかったことΣ(゚д゚lll)
長男の時の記録を見ると、この時すでに6.5キロ減ってたんだよね・・・・。(今回楽してるもんな~)
もうだいぶ子宮も元のサイズになってるはずなんだけど・・
マジひどいわこの体型・・寸胴だよ(-。-;
息子には「赤ちゃんもう一人入ってる?だってまだ立派なポンポンじゃん!!」
と言われてしまいました( ;´Д`)
そんな私に主人が今日差し入れしてくれたのはコレ↓(他にも色々買ってきてくれたけど)

がんばりま~す(`_´)ゞ

↓参加してみましたワンクリックもらえると嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
プロフィール

mika

Author:mika
2011年8月より主人の赴任に伴いマレーシア、ペナン島に駐在2016年3月本帰国し静岡県三島市に在住。長男8歳。次男4歳。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。