2016年3月ペナンより帰国!同6月、三島市自宅洋裁教室再開!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さくらチャリティー
ペナンに来て4回目となるさくらチャリティーでした。

1回目は お産直後でお留守番、パパは(日本人会の役員なので)会場警備。

2回目は ラタンで初出品。パパは会場警備。私は息子2人連れで2歳前の珍獣は勿論大暴れ。

3回目は 会場警備免除のパパに子守りを任せ、ラタンサークル売り子で参加。
そして、今回。

初めて、家族揃って見て回りました。

まぁそれ程の買い物という買い物は出来ませんでしたが。

ラタンサークルの出品数!

すごかったです!






自作の作品達は無事完売したようです。

皆さん

お疲れ様でした!!
スポンサーサイト
100均の材料で妖怪メダルを作ろう
続きまして、第二弾はメダルです。

材料は
・マグネットシート
・透明フィルム

透明フィルムはラミネートシートの代わり用として売られている物です。

100均の材料で妖怪ウォッチ作る方が検索したら、かなりいらっしゃったのですが、
マグネット方式を入れてるとこが私のオリジナル!!
本体の文字盤はメタルを使用してるので、くっつくのです\(^o^)/

やり方は単純に、
油性マジックで描いて、後は剥げてこないように、透明フィルムを貼って切り抜いて完成!


プリンターがあるなら、プリントアウトしたのをマグネットシートに貼って、同様に透明フィルムを貼れば、
数段に簡単ですね。

このやり方に落ち着くまで、他の方法も試しました。

写真一段目: クリップから外したエポキシにつけてみたり(色がボンドによって解けて滲む)
写真二段目:白のシールに色鉛筆で着色して、トップコート塗ったり(細部も描き込めるが濡れた色合いになるから暗い色合いにしかならない)

三段目のやり方が簡単で色合いも可愛いし良かったです。

このやり方で、
元祖妖怪好きの主人が、非公式のメダルを作りました。(元々、非公式ですけども)

参考図書がこちら↓

彼の所蔵品がこちら↓

割と長男は喜んでました。
次男は怖がって使いません。


マグネットなので、
カンカンにつけてお片付けできるのも良いところです。

ホログラムテープを使って、


ホログラムタイプも作ってみました。

このテープも100均で買えました。

ホント100均って素晴らしいです!
こちらでは5RM(150円ちょい)ですけど。

キラキラ大好きな息子達はこれを握りしめて昨夜は眠りました。
ホントに素直で可愛い息子達です。

母の手作りに喜んでくれるのは、
後何年かな?
ペナンにいる限りは間違いなく喜んでくれることでしょう。
100均の材料で妖怪ウォッチを作ろう
次男の熱が下がりません。
とても心配ではありますが、

腕枕を外すと起きてしまうので、腕枕したまんまブログを一つ…。

先月の八月中は丸っと4週間、日本に一時帰国をしておりました。
そして帰国して即刻はまってしまったのが、巷で話題の「妖怪ウォッチ」です。

でも、まぁ何も買い与えずにいると、
自分で絵を描き出すハマリっぷりで、

しかも、上手い…。


あんまりなので、付録目的で雑誌とかぬいぐるみとかキーホルダーとかは買ってあげました。

勿論、入手困難で定価ではまず手に入らない「ウォッチ」には手を出しません。
コレ↓

代わりにペナンに戻る際の関空でご当地キーホルダーを購入し、
100均で購入した時計カバーにはめこんでみました。

長男の素晴らしいところは、こういうのでも、大喜びしてくれるところです。

が…あまりに不憫に思えてきて、
100均の材料で手作りすることにしました。(パラゴンのダイソー)

本体に使う材料はこちら三点。
・アイシャドウコンパクト
・腕時計
・エポキシとメタルでできたクリップです!



以下手順!

本体となる アイシャドウコンパクトの中身は目打ちなど尖ったもので、取り出す。

仕切りがついてるので、ニッパーで折り割る。残ったバリは金ヤスリで削りとる。

電動ドリルで(刃は1~2mm)時計ベルトとジョイントする為の穴を、丸の上下二カ所づつ、4ヶ所空ける。

本体の部分の着色はマニキュアのベースコート→白のマニキュア→パールマニキュア→トップコート
の順で塗る。

次に本体の心臓部(笑)にはこのクリップを分解して使う。

メタルとエポキシの間にカッターナイフか目打ちなど尖った物をガツっと刺して分解する。
これが、アイシャドウコンパクトにジャストサイズだったのです!
このメタルに白のシールを貼り付け、文字盤をペイント!
我が家にはプリンターなんて便利アイテムはないので全てが手書きです!
更にペイントが劣化しない為に透明フィルムを上から貼ります。
本体のアイシャドウコンパクトにボンドで貼って本体完成!

次にベルト部分、
時計が入っていた、側面部分はハサミでチョキチョキ切ってしまいます。
マジックで柄描いて、これも剥げにくくする為にトップコート塗る。

本体とは空けた穴からテグスを通して結んで

完成!!

クリップから剥がしたエポキシはメダルとして再利用しました。

結び目は緩まないよう瞬間接着剤を!
そして、穴にも接着剤を!
(小道具さんから教えてもらった知恵です。)

あれ?こうして書いてみると、
他にも材料要りますね。

材料追加で
・白のシール
・透明フィルムシール
・マニキュア(ベースコート、白、パール、トップコート)
なくてもできます。



兄弟喧嘩になるのでカラーリングを変えて、もう一つ零式風もつくりました。(あえて、ベルトを赤に)








次回メダル編…

やっぱり腕を外そうとすると起きてしまう次男…
ソンケットを求めて
ソンケットとは金糸や銀糸を織り込んだ、こちらの伝統的な織物。

今回バティック(染物)で浴衣を作ってまだ時間に余裕もあるので、帯はソンケット(織物)で作ってみようかと。

イオンモールに入っていたトラディショナルなケバヤを扱うショップを覗いてみたら、
手織りだから600~3000RMとビックリ価格で、
写真も撮らずズコズコ退散。

お馴染みカムダーを覗いてみたら、

一階にソンケットではなく、

インド人のサリー用の生地もちょっと面白かったり

これとか上品!でも薄いか。

二階にはソンケットコーナーが!

巻きで売ってるのは有難い!

しかも値段も手頃!

バックとか小物作ってもいいな~

これなんかも(#^.^#)

吊りでカット売りも

色は合いそうだけど、

ちょっとキンキラしすぎなんだよね~


ホンギャップにも行ってみた。

これぞ、ソンケットって感じですが、

やっぱり金糸が目立ちすぎる。


チョーラスタマーケットにも行ってみた。

柄はいいのだけどね~。

この日は結局なにも買いませんでした。


また、別の日、

お友達にいつもいくタンジュントコンのテスコとは別の、
USMの近くにあるテスコエクストラに連れて行って貰いました。

そこで出会えたのです!
理想のソンケットに!!

帰りにナシチャンプル屋さんへ。

ブッシュの中にあるわけではありません。

緑のカーテンです。

お魚いい匂いです。

こちらのエリアはマレー率が高かったです!

美味しかったな!

ソンケットも買えたし、大満足でした。
さっ!材料も揃ったことだし、帯作るぞ!
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
ジョージタウンのミシン屋さん「Swee Hoe Pomar Traders 」へ
数ヶ月前にコンピューターミシンの二台あるうち一台がなんだか調子が悪くなり、
数週間前にロックミシンの二台あるうち一台の調子が悪くなった。
(あと他に職業用ミシンがあるので、
教室はどうにかなってました。)

早いとこミシン屋さんに持っていかなきゃなーっと思ってたところ、

一昨日、友人きゆさんのミシンも壊れて修理に出したいという!

それでは、是非一緒にということで、昨日行ってきました!

以前の記事に書いたバヤンバルのミシン屋さんは遠いので、別の友人が前に修理に出したというミシン屋さんを教えてもらいました!

息子達を幼稚園に送り出し、
二台のヘビーなミシンを車に運び入れ、出発し友人をピック。

ミシン屋さんの場所を確認してから、
近所で朝食を…とウロウロしてたところ、
以前アマさんに安く変圧器を買うならここだ!と聞いていた店があった。

安い!!

ホントに安い!
でもこれ殆どアウトプットが110Vだったんだよね。
日本は100Vなんだけど、大丈夫なの?
と店員に聞くと問題無いという…。

後から聞いた話、中国が110Vなんだそうで、中国向けに作られたものっぽいでした。
長く使っていくうちダメージがいっちゃうかもしれないですね。

一つだけ100V出力のがありました。
500Wまでので165RM。
110V出力のは120RMだったが、
それでも安い~。

ここ置いてあるものが結構面白かった。
工具とかパーツとか色々マニアックな物が。
チャイニーズな装飾の真鍮製のドローアー用取っ手とか。
かなり希少!!

バリカンが安く売ってたので、
全く予定してなかったけど、買っちゃった。
日本にも流通してるメーカーだそう。

場所はNew Asia Hotelの並びです。
二軒隣くらい?


そのローカルホームセンター的な店の近くのLeoナントカってお馴染みの飲茶屋さんで朝食を取り、

いざ、ミシン屋へ!!

どど~ん!!
イメージ通り吹きっ晒しの店舗だよ~
機械扱うのに日本じゃ考えられないけど、
こっちの路面店ってなんでもこんな感じね!

このおっちゃんが色々話聞いてくれました!(後述するペガサスのマークが奥に)

ドキドキするものがいっぱいで、ウハウハでした\(^o^)/

年代物のミシン台
グリーンの色が素敵!(200RM。この間の足の指の診察代で買えるね!)
他にも見たことないデザインのは100年以上前ので、非売品。

こちらって、まだまだ足踏みミシンが現役で使われてるんです。
で、店内にミシン台の足やら台やら本体やら、
色んな状態のがゴロゴロ。

中でも綺麗だったのが、コチラ!

ミシンついて、550RMですって!(((o(*゚▽゚*)o)))
友人が買う!と即決してました。
メンテナンスがまだだから予約のみしてました。
友人がいなかったら私が…買っちゃうとこだったかも(笑)

足踏みミシンにばかり目がいきましたが、
電動ミシンも扱ってました。
工業用もあったし、スイスミシンエレナもあった!
修理に来てたんだけどね。



外にはこんな可愛い自転車が!
と思ったら、日本の郵便局の配達用チャリでした。

その奥のショーウィンドウの中にディスプレイされてたミシンが何て素敵なんだろ!
ペガサスのデザイン!
シルバーとブルーの色が何とも美しい!!
おっちゃんのおじいちゃんのミシンだそうで、非売品でした。

このペガサスがお店のマークの元?
あれ?でもFlying Horse??
日本が誇るロックミシンで有名なペガサスミシンとは違うみたい。
(英社名はPEGASUS SEWING MACHINE)
こんなに美しいミシンなのにバッタもん??
社名が昔は違ったのか?
でもウィンドウに書かれてる取り扱いメーカーにもFlying Horseって書いてあるなー?(JANOME JUKIも)
気になる~!

今度聞いてみよう。

そして何より
ミシン直りますように!!


Swee Hoe Pomar Traders
tel:04-2617782
104,jln dr.lim chwee leong 10100



ヘイズがついにやってきた(>_<)
今年も酷いらしい…次男の呼吸系心配(´・_・`)

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村
プロフィール

mika

Author:mika
2011年8月より主人の赴任に伴いマレーシア、ペナン島に駐在2016年3月本帰国し静岡県三島市に在住。長男8歳。次男4歳。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。